第5回サービス学国際会議において原教授、山内准教授が講演いたしました

第5回サービス学国際会議(ICServ: International Conference on Serviceology)が、7月12~14日の期間、オーストリア・ウィーン大学で開催されました。世界各国から約150名の参加があり、本大学院からは、山内准教授が、” Service as Intersubjective Struggle: A Study of Sushi”と題した基調講演を行いました。また、原教授は、”The Meaning of Service in the Age of Digital Transformation”に関するパネル討論講演、並びに、フルペーパープロシーディングスの編集を担当いたしました。本プロシーディングスは、Springer社から”Serviceology for Services”と題したLNCS(Lecture Notes in Computer Science) 10371として発刊されました。

ICserv2017
http://icserv2017.serviceology.org/home